乳がん検診率20%から50%へ

昔、昔、このままでは国家が倒れると
アメリカが健康についての研究を開始した。
当時アメリカは兎に角疾患で死亡する人が多くて医療費が高騰
そこで、アメリカは兎に角医療費を減らす研究を開始した。

それまでの肉中心の食事から脱却
肉中心だと吸収が悪く、腸に負担がかかりすぎるため疾患になる
野菜を多く取る食習慣に改めないと患者は減らない。

そんな報告書が出た。

アメリカやイギリスなどの乳がん検診率どのくらいか知っていますか?
乳がん検診率なんと70%ほど、乳がんの早期発見早期治療に役立っている。

ところが、わが日本はなんと乳がん検診率たった20%
これでは乳がん患者は後を絶たない。医療費も増え続ける。
そこで、厚生労働省は乳がん検診券を配布すると発表。

ある条件で乳がん検診対象者を抽出し送付する。
明記式なので他人に譲渡はできないらしい。

乳がんは早期に発見されると治る病気に位置づけされつつある。
乳がんの早期発見早期治療で女性を1人でも救おう。

乳がん検診はまず自己検診をたまにして、マンモグラフィー検診を
受診して乳がんの早期発見早期治療しましょう。あの山田邦子さんも
テレビの番組でしこりに気づき早期に乳がん治療された方なのです。

>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
タグ:乳がん 検診
posted by cancerage at 19:59 | 乳がん