癌食事療法無料メルマガ講座
癌食事療法無料メルマガ講座 メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By メール配信NEO

女性の更年期

女性なら誰しも向かえる「更年期」。

これは閉経時期前後10年に起こるもので、
ホルモンのバランスが崩れることで起きる症状です。

個人差はありますが、
体が以上に、ほてる、のぼせる、苦しくなる、汗をたくさんかく、
胸がいたくなる、すぐ疲れるといった体の表面的な部分から、
心が憂鬱になる、常にイライラする、気持ちが落ち込みやすくなる、
やる気がなくなるといった心の部分でのトラブルも出現します。

症状の軽い場合はいいのですが、
重い人は本当にこんなに苦しい物はないとおっしゃいます。

また自分が更年期であるのかどうか分からずに、調子が悪いために
原因を究明しようと様々な病院を渡り歩く人もいるようです。


子どもや旦那さまにあたったり、
自分で何をしているのか分からないような状態に陥ったり、
ひどい場合は誰にも会いたくないなんてことにもなってしまうのです。

それはとても大変。

あなたも「更年期」だけはどうにかして避けたいなんて
思っているかもしれません。

しかし、それはやはり難しいこと。

女性としての役目を終え、
新しい人生のスタートだと前向きにならなくてはいけません。


しかし、どれだけそういってもなかなか治らないもの。
ですからホルモン治療があるのです。

名前だけ聞くとなんだか怪しいなと思ってしまいますが、
そうではありません。

更年期障害の治療の中心はあくまでも、
足りないホルモンを補充するという考えのもと行われているのです。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。

女性は生理がなくなるとともに、
これらのホルモンの分泌が急に少なくなってしまいます。

今まで出ていたものが急に出なくなってしまうのですから、
体に負担がかかるのも当然です。


そして、つらい更年期障害を引き起こしているのが、
エストロゲンの不足です。

ですからこれを補ってあげる必要があるのです。
注射や飲み薬などが一般的ですが、最近の主流はシール型のものです。

もちろん、エストロゲンに似た大豆イソフラボンといった
天然のパワーをお借りするのも得策だといえます。


しかし、問題は健康でない方の場合です。

特に、月経が終わる頃というのは
もっとも子宮がんになりやすい年齢でもあります。

このエストロゲンは、
子宮がんのリスクを高めてしまうという難点があるのです。

ですから、そうならないために
プロゲステロンも一緒に補う必要があるのです。


このように、ホルモン注射というのは
乳がんや子宮がんのリスクを高めてしまうという事実が分かり、
そのチェックも欠かさず行っていく必要があるのです。

年齢を重ねるごとに、
子宮がんや乳がんのリスクはただでさえ高まるのですからぜひ、
検診を年に1度は受けるようにしてください。

こういった方法以外にも、最近はアロマ療法、
漢方など体に負担をかけずにできるものもあります。

科学的な療法と違って効果がすぐに現れるというものでもありませんが、
心配な方やそんなにもひどくない症状であれば、それもいいと思います。


何よりも、更年期要害は周りの支えもある程度必要です。

お子様や旦那様が奥様をサポートする気持ちで
接してあげることが大切なのです。

その部分を忘れないようにしてください。

そうすれば、きっと更年期障害に打ち勝つことができると思います。
ストレスを貯めないように、発散できる場をぜひ作っておいてください。

それだけでも気持ち的に変わってくるはずですよ。


★☆★☆★☆ 美 健 通 信 ☆★☆★☆★

〜役立つ美容・健康情報が盛りだくさん〜
美健通信はこちら → http://bi-ken.info/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
タグ:更年期
posted by cancerage at 14:28 | 更年期
乳がんと診断されたあなたへ。食事療法で乳がんと闘いませんか
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。