乳がんの治療

乳がんで田中好子さんが亡くなった。
私と年が変わらない方が亡くなると次は自分かと考えてしまう。
田中好子さんは前に乳がんに発症して治療を続けていたとのこと。

乳がんの治療どんなだったのだろうか?

以前に乳がんの専門の先生のセミナーを受講したことがある。
その時の覚えでは、乳がんのしこりが見つかって
そのしこりが3センチ以下であれば、薬で散らすことを検討し
3センチ以上だと乳房全摘も仕方がないと
(私の記憶です)

乳がんだけではなく、ほかの癌の治療も
外科手術、放射線、抗がん剤などが一般的です。

が、世の中には、上記以外の治療方法が存在します。

私が今一番気を付けているのが、生活習慣
睡眠とストレスレス、食事です。

睡眠時間を確保し、ストレスもできるだけ感じないように
そして、食事の仕方や食事の内容に注意しています。

食事を摂る時は、順番や噛む回数など気にしています。
また、食材も旬のものをできるだけ取るようにしています。
今のところ、健康体です。

もし、私が癌に罹患した場合
真っ先に試したいのが、がんの食事療法です。
ご縁があって、マニュアルの一部を拝見することができました。

井上先生の癌食事療法です。

詳しくは、下記をクリックして詳細をご確認ください。

>>>井上先生の癌食事療法はこちら<<<

乳がんの食事療法
タグ:乳がん 治療
posted by cancerage at 17:43 | 乳がんの治療

乳がん患者に抗うつ剤はリスクがある

(c)AFP/STEFAN ROSSEAU 【2月10日 AFP】乳がん患者が抗うつ剤を併用すると、標準治療の有益な効果が減じるか帳消しにされてしまうという研究結果が、9日発表された。 ...



乳がん治療の詳細を担当医に聞きましょう。

>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
posted by cancerage at 17:19 | 乳がんの治療

乳がんの治療にエストロゲンが効果的な場合が

乳がんにエストロゲンが効果がある場合が



ここで、エストロゲンとはをウィキペディアから引用します。
エストロゲン(英Estrogen)は、ステロイドホルモンの一種。
一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる。

卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られ、思春期以降分泌が増加し、プロゲステロンとともに月経周期に応じて濃度が変化する。女性の性活動、二次性徴を促進する働きがある。更年期以降は分泌が減少する。女性の尿には、大量のエストロゲンが含まれるため、下水処理水も多量のエストロゲンを含むことになり、環境ホルモンの環境への排出が問題になったことがある[1]。

男性の場合はテストステロンを元にエストロゲンが作られて分泌される。その量は更年期の女性と同程度とされる。思春期にテストステロンが増えるのにつれエストロゲン濃度も増加し、ホルモンバランスにより女性化乳房が起こったりすることがある。

エストロゲンはコレステロールから合成されるステロイドホルモンの一種で、プロゲステロン、コルチゾール、アルドステロン、テストステロン等と同じカスケード反応系列中にある。

byウィキペディア

治療技術が高度となり、乳がんのないまたは乳がんは
完治するようになると良いですね。

>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
posted by cancerage at 10:33 | 乳がんの治療